東京神田の金券ショップ、ギフトバンク。

金券ショップについて解説します。

■金券ショップとは?

金券ショップとは各種金券、新幹線回数券、青春18きっぷ、ビール券、図書券、商品券、航空券・チケット回数券・株主優待券を取り扱う古物商のことをいいます。金券ショップは別名、チケットショップも呼ばれています。

■営業には各都道府県にある公安委員会の許可が必要となります。

1997年7月に古物営業法が改正される前は、金券のみ取り扱う事業者は、古物商許可が必要ありませんでしたが、法改正後は金券ショップもリサイクルショップ同様に都道府県の公安委員会に許可が必要になりました。

■金券ショップ活用法

金券ショップを有効に活用すると大変得をします。金券ショップを活用して節約をしましょう。

期限切れが間近の金券、新幹線回数券があれば特別格安に買える場合があります。
東京神田駅の周辺には金券ショップが多数あります。その代わりに競争も激しく撤退する金券ショップも増えているようです。色々な金券ショップで価格・種類等を観察をしていますと、ここの金券ショップはこの金券が安いとか、それぞれに強みをもった金券ショップがしのぎをけずっています。時間のある際には、ぶらぶらしながら金券ショップを散歩するのは大変楽しいものです。

■金券ショップの用途

企業や各種団体が行うイベントに、ビール券や旅行券、商品券や図書カード等を利用して、余剰分を金券ショップで換金するということは多くあると思います。また、デパートや家電家具店などで買い物をしたいと思っている際には、その店で有効な商品券を金券ショップで買った後に購入すれば、事実上、割引で買い物をしたことになります。お金を銀行に預けても利息が多くはのぞめない昨今、金券ショップを利用すれば、その差額を実際の利益とすることができるわけです。

  • 新幹線回数券のばら売り

  • JRの回数券は一冊6枚つづりで販売しており、格安となっております。それを金券ショップでは1枚づつ、ばら売りをしております。たとえば、東京ー新大阪(のぞみ指定)をJR価格14,050円を東京神田の金券ショップ「ギフトバンク」では¥13,200円で販売しております。その差額は、なんと、850円のお得となります。このように金券ショップは上手にご利用になると企業の経費削減、奥様の財布の見方になれるでしょう。

  • 航空会社の株主優待券

  • 日本航空・全日空等の航空会社が株主に交付する株主優待券は、乗車する距離にかかわらず、その会社の路線の正規運賃の半分で、乗車できます。航空会社から割り当てられた株主は、自分で利用しない場合も多いので、余った株主優待券を金券ショップに持ち込んで換金することが出来ます。

  • 実際に飛行機に乗りたい方は、航空会社で正規のチケットを買うよりも、金券ショップに行って株主優待券を買って利用すると、その差額分が利益になるわけです。そのように金券ショップを利用する人々がいて、金券ショップは経営が成り立っています。皆さまも上手に利用してください。

© 2003-2017 GIFTBANK by Uchi Corporation